ニュース

西武打線、広島戦の2回に一挙10得点 打者14人を送り込む猛攻撃

無断転載禁止
西武・栗山巧=マツダスタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.31 18:00
広島東洋カープ 7 終了 12 埼玉西武ライオンズ
マツダスタジアム

広島・薮田は10失点…バックの2失策も絡む


 開幕から猛威を奮う西武の“山賊打線”が31日、広島3回戦(マツダ)の2回表に、一挙10得点を奪う猛攻撃を見せた。

 西武は0-1で迎えた2回、広島先発・薮田に対し、先頭の5番栗山、続く外崎が連続安打を放った。7番森が四球でつないだあと、続く金子侑が2点適時打を左前へ運び逆転。さらに、9番ウルフの打球を一塁・松山が三塁へ悪送球し、労せず3点目を奪った。

 2点リードの無死一、三塁で打席に入った1番秋山は、薮田が投じた3球目を強振。完璧に捉えた打球は右中間席へ飛び込む8号3ランとなり、6-1とリードを広げた。止まらない西武打線は、続く源田が右前打、3番浅村は四球で出塁。4番山川の左前適時打で7点目を奪うと、続く栗山の飛球を、今度は中堅・丸が落球。再び満塁としたあと、続く外崎の2点適時二塁打、森の犠飛で一挙10得点のビッグイニングとした。

 広島の薮田は、バックの2失策もあり2回の1イニングだけで8安打3四球で計10失点。4月30日の阪神戦以来、1カ月ぶりの復帰マウンドだったが、火の付いた西武打線を止められなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西