ニュース

ソフトB、4年連続最高勝率へ3連勝発進 阪神は3連敗、再び借金1

無断転載禁止
阪神戦の8回に2点適時打を放つソフトバンクの甲斐=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
● 阪神 2 - 5 ソフトバンク ○
<3回戦・甲子園>

 交流戦3年連続最高勝率のソフトバンクが、4連覇へ向け3連勝発進。一方の阪神は同一カード3連敗を食らい、借金生活へ逆戻りとなった。

 ソフトバンクは4回、5番デスパイネの適時二塁打で先制。1-0の8回は阪神リリーフ陣を攻め、3番中村晃の適時三塁打、8番甲斐の2点適時打などで、一気に5-0とリードを広げた。

 先発の中田は序盤安定。無失点のまま迎えた7回には、節目の通算1500投球回に到達した。続投した8回に悪癖が顔を出し、計4四球で2失点。最後は後味の悪い降板となったが、8回途中2失点で今季3勝目(2敗)。3点リードの9回を締めた森は、10セーブ目(2敗)を手にした。

 阪神も先発・秋山が7回5安打1失点と好投したが、打線の援護なく5敗目(4勝)。その打線は5点を追う8回に2点を返し、9回も二死満塁の好機を作ったが、最後は代打・原口が左飛に倒れた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西