ニュース

里崎氏がみた巨人ドラ1・鍬原の評価は?

無断転載禁止
日本ハム戦にプロ初登板した巨人・鍬原=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人のドラフト1位ルーキー・鍬原拓也が、31日の日本ハム戦でプロ初登板・初先発を果たした。

 鍬原は初回、先頭の西川遥輝に1球もストライクが入らず四球を与えたが、後続を打ち取り無失点の立ち上がり。

 1点のリードをもらった鍬原は2回に先頭のレアードに四球も、鶴岡慎也、杉谷拳士、中島卓也を空振り三振に仕留めた。しかし3回一死後、西川遥輝にこの日初安打となる二塁打を打たれると、大田泰示に死球、近藤健介に四球で満塁のピンチを招く。ここを踏ん張りたいところだったが、中田翔の犠飛、レアードの2点適時二塁打で逆転を許した。

 3回に3点を失った鍬原だったが、4回以降は走者を出しながらも、粘りのピッチングで5回を投げて3失点。5回に打席が回ったところで、田中俊太に代打を送られ交代した。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-日本ハム戦』で解説を務めた里崎智也氏は、鍬原の投球について「充分すぎるいいピッチングだったと思います」と評価。「力任せじゃなくて、場面に応じてバランスよく投げられればもっとポテンシャルがあがる。長いイニングを投げられると思います」と敗戦投手となったが、次回以降に期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM