ニュース

広島・大瀬良、リーグ単独トップの8勝目!野村弘樹氏「14勝は最低のライン」

無断転載禁止
広島の大瀬良大地
2018.06.01 18:15
千葉ロッテマリーンズ 4 終了 6 広島東洋カープ
ZOZOマリン
 1日のロッテ戦に先発した広島の大瀬良大地は、7回を9安打10奪三振4失点で、リーグ単独トップとなる8勝目を挙げた。

3回まで無失点に抑えていた大瀬良だったが、3-0の4回一死一塁からドミンゲスの打球を遊撃・田中広輔の失策で一、二塁とされると、清田育宏、鈴木大地、田村龍弘、加藤翔平に4連打を食らい逆転を許した。

 直後の5回に丸佳浩の一発で同点に追いつくと、大瀬良は5回以降、走者を出しながらもホームに還さず、スコアボードに0を並べた。鈴木誠也の適時打で1点リードとなった7回は、3番から始まる打順を中村奨吾を右飛、角中勝也、ドミンゲスを連続三振に仕留めた。

 同日に放送された『ニッポン放送制作のロッテ-広島戦』の解説を務めた野村弘樹氏は「4回だけ大瀬良ではなかったですね。不運な部分があったにせよ、3回までのピッチングを見ると、あそこまで連打を食らうとは思いませんでしたね」と振り返り、「5回以降は彼のピッチングを見せてくれた。よく立ち直ったし、よくエンジンをかけなおした。立派なピッチングだと思います。特に7回1点を取ってもらった後の三者凡退は非常に良かったと思いますよ」と褒めた。

 これで大瀬良はリーグ単独トップの8勝目。野村氏は「今8勝ですから、倍は勝たないといけない。16、7、最多勝を狙えるところに十分いますからね。(背番号14の14勝は)最低のラインだと思います」と期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM