ニュース

西武・榎田、古巣から自己最多5勝目 藤浪は2敗目、バックが3失策

無断転載禁止
西武の榎田=メットライフドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.03 13:00
埼玉西武ライオンズ 10 終了 5 阪神タイガース
メットライフ
○ 西武 10 - 5 阪神 ●
<3回戦・メットライフ>

 西武は交流戦2カード連続の勝ち越しで、パ・リーグ首位の座をキープ。先発の榎田が7回3失点と粘り、古巣からシーズン自己最多となる5勝目(1敗)を挙げた。

 榎田は2回までパーフェクトと上々の立ち上がり。3回以降は走者を背負う投球が続いたが、5回まで無失点投球を続けた。しかし4点リードの6回、先頭からの連続四球でピンチを作り、5番中谷、6番陽川に連続適時打を許した。

 古巣打線に捕まり1点差に迫られたが、後続は退けリードを死守。10-3となった7回も続投し、2回以来となる3者凡退締め。7回111球、5安打5奪三振3失点の力投で、阪神時代の2013年4勝(9敗)を上回る、キャリアハイの5勝目を手にした。

 西武打線は初回、重盗と5番メヒアの適時打二塁打で2点を先制。4-3の6回には9番金子侑の2点適時打、4番山川の3点適時二塁打などで一挙6点を加えた。

 阪神は復帰登板となった先発・藤浪が、6回途中7失点(自責4)で2敗目(0勝)。初回は遊撃・植田の失策絡みで2失点、5回も右翼・糸井が手痛いファンブルを犯すなど、バックの3失策が響いた。2回から4回までは3イニング連続で3者凡退。復調の兆しも見せたが、今季初勝利はまたもお預けとなった。

 打線は6回に3点を返すも、序盤の拙攻が響き元同僚・榎田の前に7回まで3得点。交流戦2カード連続の負け越しで、借金は再び「2」となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西