ニュース

広島、野間のサヨナラ打で連敗ストップ ハム上沢、投打の活躍実らず

無断転載禁止
サヨナラ打を放ち大喜びの野間(奥左から2人目)ら広島ナイン=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.06 18:00
広島東洋カープ 4 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
マツダスタジアム
○ 広島 4x - 3 日本ハム ●
<1回戦・マツダスタジアム>

 サヨナラ勝ちの広島が、連敗を2でストップ。1点を追う9回、6番野間が逆転サヨナラとなる2点適時打を放った。日本ハムは、先発の上沢が孤軍奮闘。しかし、1点リードの9回、抑えのトンキンがセーブに失敗し、助っ人右腕は来日初黒星(2勝12セーブ)を喫した。

 広島は3点を追う5回、敵失と7番会沢の二塁打で好機を作ると、8番西川が俊足を活かした適時内野安打を放った。続くチャンスで、代打・新井は中犠飛。相手のミスに乗じ1点差に迫った。

 9回も敵失絡みで無死一、三塁の好機を作ると、一死二、三塁となったあと、野間が逆転サヨナラ打を中前へ運んだ。勝利投手は、9回表を3者凡退に抑えた5番手の藤井皓。これがプロ初勝利となった4年目右腕は、「これからもいいピッチングができるように頑張っていきたい」と、お立ち台で笑顔を見せた。

 日本ハムは、相手先発・岡田の乱調に乗じ、初回に幸先よく3点を先制。しかし、2回以降は好機を活かせず、ゼロ行進が続いた。先発の上沢は、投げては8回5安打2失点(自責0)、打ってもプロ初安打を含む2安打と投打で活躍。しかし、5回と9回の2失点はいずれも失策絡みと、守備の乱れが響いた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西