ニュース

ロッテ有吉、8回途中0封で先発初勝利 中日は3カード連続の負け越し

無断転載禁止
中日戦に先発したロッテ・有吉=ナゴヤドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.06 18:00
中日ドラゴンズ 0 終了 1 千葉ロッテマリーンズ
ナゴヤドーム
● 中日 0 - 1 ロッテ ○
<2回戦・ナゴヤドーム>

 ロッテが今季2度目の4連勝。2年目右腕・有吉が8回途中3安打無失点の快投を見せ、プロ入り後初の先発白星を手にした。

 有吉は先発転向3戦目。過去2戦は6回を投げ切ることができなかったが、この日は初回からテンポよくアウトを積み重ね、4回一死一、二塁のピンチは併殺で切り抜けた。5回以降は3イニング連続3者凡退に抑え、7回を終え球数は92球。1-0の8回も続投し、安打と送りバントで一死二塁とされたところで降板した。

 代わった松永は二死から1番京田に左前打を許したものの、外野が極端な前進守備だったため二塁走者は三塁ストップ。二死一、三塁から2番大島を見逃し三振に仕留め、有吉は勝利投手の権利を得た。9回は内が締め、3試合連続となる12セーブ目。有吉は今季初勝利(1敗)を先発初勝利で飾った。

 打線は2回、5番清田の2号ソロで先制。その後は本塁突入失敗、代走・三木の走塁死など拙攻が続いたが、この日は投手陣が無失点リレーで耐え抜いた。

 中日は打線が振るわず、交流戦3カード連続の負け越し。先発・小笠原は7回1失点と粘ったが、打線の援護なく5敗目(1勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西