ニュース

日ハム勝利、9者連続出塁で一挙7得点 広島はまた投壊、中村祐4敗目

無断転載禁止
日本ハムのレアード
2018.06.07 18:00
広島東洋カープ 4 終了 8 北海道日本ハムファイターズ
マツダスタジアム
● 広島 4 - 8 日本ハム ○
<2回戦・マツダスタジアム>

 日本ハムは連敗を2でストップ。3回に打者12人を送り込む猛攻を見せ、一気に7点を奪った。広島はまたしても序盤に大量失点。先発・中村祐は、3回途中7失点で4敗目(3勝)を喫した。

 日本ハムは0-0の3回、一死から1番西川が四球で出塁。2番大田の中前打、3番近藤の四球で満塁としたあと、4番中田が2点適時打を放ち先制した。なおも一死一、二塁の好機で、5番レアードが特大弾を左翼ポール際へ。12号3ランを放った助っ人は、「打ったのは真っ直ぐだよ。大ファウルかと思ったけど、切れずに入ってくれたね。感触はもちろん最高」と話した。

 5-0となり塁上の走者は消えたが、6番石井一が四球で歩いたあと、7番鶴岡はエンドランによる左前打を放った。続く中島は、真ん中に来た2球目直球を強振。力強く振り抜いた打球は、一塁線突破の2点適時三塁打となった。先発の9番マルティネスも四球で出塁し、1番西川から9者連続出塁を記録。2点適時三塁打を放った中島は、「点が取れるところでガンガンいかないと、昨日みたいなこと(初回に3点先制も9回サヨナラ負け)もある。追加点を取れてよかったと思います」と猛攻撃を振り返った。

 先発のマルティネスは、打線の援護を受け6勝目(4敗)。7回は4点目を失い、なおも二死二、三塁とされたが、2番手・公文が3番丸を三振斬り。8回以降は宮西、トンキンの継投で逃げ切った。

 広島は、中村祐が3回に一挙7失点。先週の木曜日(5月31日西武戦)も先発・薮田が1イニング10失点を喫しており、交流戦に入り先発投手の大量失点が目立つ。打線では好調な6番野間が、この日も3号2ランを放つなど活躍。7回は2番菊池の2点適時打で追い上げたが、序盤の失点があまりにも重すぎた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西