ニュース

終盤に粘るも敗れる DeNA・ラミレス監督「前半の大量失点が痛かったけど…」

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督
2018.06.07 18:00
中日ドラゴンズ 9 終了 8 千葉ロッテマリーンズ
ナゴヤドーム
● DeNA 7 - 9 西武 ○
<2回戦・横浜>

 DeNAは終盤に粘りを見せるも西武に7-9で敗れた。

 DeNA先発の京山将弥は初回、簡単に二死を奪ったが、四球と安打で一、二塁とされ栗山巧に先制の3ランを浴びた。京山は3回に浅村栄斗に第12号ソロを打たれ、4回4失点で降板。5回からマウンドにあがった国吉佑樹、6回から2イニング投げた武藤祐太がそれぞれ2失点と、7回表が終了した時点で2-8と大きくリードを許す展開だった。

 6点ビハインドのその裏、打線は二死一、三塁から桑原将志の適時打で1点を返すと、神里和毅が四球を選び満塁。ここで4回の第2打席に第5号2ランを放ったソトが、バックスクリーンに飛び込む第6号満塁本塁打で1点差に迫った。

 しかし、7-8の9回にパットンが浅村に適時打を打たれ、打線も9回に桑原の三塁打で好機を作ったがあと1本が出なかった。

 ラミレス監督は「試合終盤は非常にエキサイティングだった。前半の大量失点が痛かったけど、形としてはいい形だった」と振り返り、「今日の試合は変えられないので、明日の試合にしっかり準備していきたい」と気持ちを切り換えていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM