ニュース 2018.06.08. 21:12

沢村賞右腕も飲み込んだ西武打線 先発・菊池は7回無失点で無傷の7勝目

無断転載禁止
西武・菊池雄星(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.08 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 5 埼玉西武ライオンズ
東京ドーム
● 巨人 4 - 5 西武 ○
<1回戦・東京ドーム>

 好調・西武の“山賊打線”が連日の大暴れ。勢いそのままに昨季の沢村賞右腕・菅野智之を撃ち落とし、連勝を4に伸ばした。

 巨人・菅野智之、西武は菊池雄星という各リーグを代表するエースによる対決となったこの試合。息詰まる投手戦が予想された中、試合は立ち上がりから動く。

 西武は初回、先頭の秋山翔吾が3球目の高め速球を逆らわずに弾き返すと、打球は左中間スタンドへと吸い込まれる豪快な一撃。先頭打者本塁打で菅野に強烈な先制パンチを浴びせる。

 3回には二死ながら一・三塁のチャンスを作ると、好調・浅村栄斗がライトへ運ぶ適時打を放って追加点。4番の山川穂高も適時打で続き、3-0とリードを広げた。

 4回にも秋山翔吾がこの日2安打目となる適時二塁打をライト線へと放ち、5回は二死から栗山巧の二塁打をキッカケにチャンスを作り、炭谷銀仁朗が適時打。5回までに10安打を記録し、5得点で相手エースを沈めた。

 投げては左腕の菊池雄星が躍動。序盤こそ四球が目についたものの、3回最後の打者から7回まで13人連続で打ち取る快投を披露。7回を投げて106球、被安打2、与四球3、奪三振3の無失点。圧巻の投球で巨人打線を封じ込めた。

 ところが、後を受けたリリーフがピリッとせず。2番手のニール・ワグナーが吉川尚輝に2ランを浴び、9回には守護神・増田達至が2点を失ったが、なんとか5-4で逃げ切り勝ち。西武が連勝を4に伸ばし、菊池はリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西