ニュース

石井一久氏が語る西武・山川穂高の成長

無断転載禁止
 8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-西武戦』で解説を務めた石井一久氏が、西武の4番・山川穂高の打撃について語った。

 石井氏は山川について「昨年くらいから低めの変化球を振らなくなってきたので、打率も自然とあがってきました」と分析。

 続けて石井氏は、3回二死一、二塁の第2打席、巨人の先発・菅野智之が1ボール2ストライクから投じた3球目の外角スライダーを見逃した場面に「今のも振ってもいいスライダーだったんですけど、グッと我慢できるので、四球が増えてきます。スランプのときもボールを追いかけなくなったのではないかと思います」と山川の成長を感じたようだ。

 山川はこの打席、3ボール2ストライクから6球目の外角高めのスライダーをレフト前に適時打。石井氏は「ボール球を我慢することで、最後はストライクゾーンに甘く入ってくる。そこをしっかりとヒッティングができるので、山川選手の打撃が昨年ぐらいから一軍レベル、また4番レベルになってきたのかなと思います」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM