ニュース

谷岡、池田、田原が逆転に繋げる好救援!真中氏「好投が光りました」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める真中満氏
2018.06.09 18:00
読売ジャイアンツ 8 終了 5 埼玉西武ライオンズ
東京ドーム
○ 巨人 8 - 5 西武 ●
<2回戦・東京ドーム>

 先発・田口麗斗の後を受けて登板した谷岡竜平、池田駿、田原誠次の好リリーフが、巨人の逆転劇に繋げた。

 2-1の6回、田口が森友哉に2点適時二塁打を打たれ逆転を許すと、ここで谷岡がマウンドにあがる。谷岡は中村剛也を二ゴロに仕留めると、続く金子侑司に四球を許したが、多和田真三郎を二ゴロに打ち取った。

 7回からは左の池田が登板。秋山翔吾に四球を与え、続く源田壮亮に送られ一死二塁となったところで、巨人は右の田原誠にスイッチした。田原誠は山川穂高を敬遠気味の四球で歩かせたが、浅村栄斗を遊ゴロ、外崎修汰を三ゴロに抑え、無失点で切り抜けた。

 するとその裏、巨人は二死一、二塁のチャンスを作り、キャプテン・坂本勇人が西武先発・多和田真三郎から逆転となる第7号3ランを放った。

 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-西武戦』で解説を務めた真中満氏は「ジャイアンツは谷岡、池田、田原と中継ぎのピッチャーが頑張りましたからね。最後の坂本のホームランに繋がりましたよね。中継ぎ陣が崩れていますと、追いつける展開になりませんからね。中継ぎ陣3人の好投が光りましたよね」と評価し、「中継ぎが大事ですよね」と力を込めた。

 8回・沢村拓一、9回・マシソンが失点したが、8回に阿部慎之助が試合を決定づける3ランを放ち、巨人は8-5で勝利した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM