ニュース

好調ヤクルト、5カード連続の勝ち越し バレ3ラン含む5打点、小川2勝目

無断転載禁止
ヤクルト・小川泰弘=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.10 13:00
東京ヤクルトスワローズ 9 終了 5 オリックス・バファローズ
神宮
○ ヤクルト 9 - 5 オリックス ●
<3回戦・神宮>

 ヤクルトが5カード連続の勝ち越しを決め、交流戦首位をキープ。バレンティンが16号3ランを含む5打点をマークし、投げては先発・小川が、7回1失点(自責0)で2勝目(2敗)を手にした。

 ヤクルトは初回、6番荒木の3点適時二塁打で先制。3回には4番バレンティンが16号2ランを放ち、6-0とリードを広げた。バレンティンは4回にも2点適時打を放ち計5打点。本塁打(16本)、打点(45打点)ランキングで、ともにリーグ単独トップに躍り出た。

 小川は悪天候の中でも集中力を切らさず、7回4安打1失点と好投。8点リードの9回、中継ぎ陣が乱れ4点を返されたが、最後は石山が締め9セーブ目を手にした。

 オリックスは8点を追う9回、途中出場・大城の2号3ランなどで4点を返すも、反撃及ばず交流戦初の負け越し。先発の田嶋は、4回途中8失点で3敗目(5勝)。降り続いた雨にも苦しみ、自己最短の3回1/3でマウンドを降りた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西