ニュース

【DeNA】樽美酒と森本の対戦は…!? 最速127キロもメンディ越えはならず

無断転載禁止
「レジェンドOB一打席対決」で森本稀哲さんと対戦したゴールデンボンバーのドラム・樽美酒研二
2018.06.10 13:00
横浜DeNAベイスターズ 6 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
横浜

レジェンドOB一打席対決


 10日に横浜スタジアムで行われた『DeNA-日本ハム』の試合前に、ゴールデンボンバーのドラム・樽美酒研二と、日本ハムとベイスターズのOBである森本稀哲氏による真剣勝負が行われた。

 『交流戦SERIES 2018』の一環で「レジェンドOB一打席対決」と銘打たれた今回のイベントでは、野球で高校に推薦入学するなど、芸能界きっての実力派である樽美酒がピッチャーとして“バッター”森本と対戦。この対戦に向けて本気で調整してきたという樽美酒は、親交のある“番長”三浦大輔氏を相手にしたブルペンでの投げ込みを経て勝負に挑んだ。

 まず先にマウンドに上がる樽美酒。白塗りの顔で真剣に投球練習をしている中、なんと対戦相手の森本も白塗りの「樽美酒メイク」で登場。球界きってのパフォーマーが、雨の横浜スタジアムを爆笑の渦に巻き込んで掴みはOK。気分よく打席に入り、バットをスタンドに向けて高々と掲げた。

 初球は124キロのストレートでストライク。2球目は119キロのスライダーを投じ、樽美酒が森本を2球で追い込む。その後、ストレートを続けて2‐2の平行カウントからの5球目、真ん中低めのストレートを、森本がセンター前にクリーンヒット。樽美酒は悔しさのあまりグラウンド上でのたうち回った。

メンディ越えに向けリベンジを誓う!


 余裕の森本が、「なんで現役中にこうやって打てなかったかな?」とおどけると、樽美酒は「なんで打つかな」とコメント。また樽美酒は、最速が127キロだったことで、先日EXILEの関口メンディーが叩きだした「133キロの」を超えられなかった事にも触れ「来年確実に超えます」とリベンジを誓った。

 試合は5回でコールドゲームでDeNAが勝利。試合後、シートのかかったグラウンドに再び登場した樽美酒は、ベースランニングのパフォーマンスを3回も披露。ホームへの綺麗なヘッドスライディングで水しぶきを上げ、雨の中、最後まで残って観戦していたファンに、ゴールデンなプレゼントを贈り、球場を後にした。


取材・文・写真=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西