ニュース

巨人・内海、7回2失点と好投!高橋監督の評価は?

無断転載禁止
巨人・内海哲也(C)KYODO NEWS IMAGES
 10日の西武戦に先発した巨人の内海哲也は、勝ち星こそつかなかったが、7回7安打2失点と先発の役割を果たした。

 初回をわずか10球で三者凡退に片づけると、打線も初回に坂本勇人の第8号ソロ、2回に亀井善行の第5号ソロが飛び出し、2回までに2点の援護をもらう。

 しかし、2-0の3回、先頭の中村剛也に四球を与えると、二死後、秋山翔吾に適時打を許し1点を返される。続く4回には外崎修汰に適時打を浴び、同点に追いつかれた。5回以降は走者を出しながらも粘りの投球で、7回を2失点にまとめた。

 高橋由伸監督は内海の投球について「内容は非常に良かったと思いますし、粘り強く内海らしいピッチングだったと思います」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM