ニュース

佐々木氏、巨人・池田に「こういうピッチングをしていると…」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める佐々木主浩氏
 7点リードの8回から登板した巨人・池田駿が、0回2/3を投げて1失点とピリッとしなかった。

 池田は先頭の明石健志を一塁ゴロに打ち取ったかと思われたが、一塁・岡本和真の送球をベースカバーに入った池田がキャッチできず内野安打となった。12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ソフトバンク-巨人戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は、「今のプレー見ていると、2人は若いなという感じですね」とコメント。

 先頭打者を出した池田だったが、代打・西田哲朗を遊ゴロダブルプレーに打ち取った。しかし、続く代打・塚田正義に1球もストライクを入らず四球を与えると、佐々木氏は「ゲッツーで2アウト取って、すんなりいかないところが…。こういうピッチングをしていると良い場面で放れないですよね」とチクリ。

 池田は中村晃にピッチャー強襲の内野安打を打たれたところで降板。後を受けてマウンドにあがった谷岡竜平が、デスパイネに適時打を浴び、池田は0回2/3を投げて1失点という投球内容だった。

 佐々木氏は「結局、四球を出すからこうなるわけで…無駄な四球ですね」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM