ニュース

巨人・吉川尚の打撃に佐々木氏「守備位置を見ながら…」

無断転載禁止
巨人・吉川尚輝(C)KYODO NEWS IMAGES
 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ソフトバンク-巨人戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、巨人・吉川尚輝の打撃に苦言を呈した。

 吉川尚は0-0の2回一死満塁で、この日の第1打席が回ってくる。犠飛でも1点という場面だったが、吉川尚は一ゴロに倒れた。この打撃に佐々木氏は「吉川の足だったらセカンドゴロ、ショートゴロでも強い当たり以外だったら1点入ると思う。守備位置を見ながらバッティングをした方がいいですよね」と指摘し、「チャンスで外野フライを打てない、三振するなどがあったので、一時期スタメンから降ろされたんですよね」と続けた。

 また佐々木氏は、6回一死一塁から小林誠司がライト前に放ったヒットに「こういう形を吉川尚にやって欲しいんですよ。『繋げるんだ!』という姿勢をね」と状況に応じた打撃を求めた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM