ニュース

山本昌氏、ソフトBの外野守備に「こういうところも強さ」

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ソフトバンク-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏は、9回ソフトバンクの外野守備陣について言及した。

 ソフトバンクは2点リードの9回、守護神・森唯斗が二死二、三塁と、同点、一発が出れば逆転のピンチを招く。この場面、山本昌氏はソフトバンク外野陣の守備位置に注目。

「ソフトバンクの守備陣を見ると、外野が全然前に来ていないじゃないですか。この位置で刺せるという自信なんですよね」。通常であれば外野の前進守備を敷くことが多い場面だが、山本昌氏が話したように、ソフトバンクは左翼・城所龍磨、中堅・上林誠知、右翼・柳田悠岐と強肩を武器にする3選手が守っていた。

 最後は、代打・宇佐見真吾をライト正面の飛球で打ち取り試合終了。山本昌氏は「定位置に守っていたソフトバンクの守備陣。前にいたら上に越されていたかもしれませんね。そう考えると、こういうところも強さなんだなと思いますね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM