ニュース

オリックス快勝、3連勝で貯金3 広島は今季2度目の同一カード3連敗

無断転載禁止
オリックスの金子千尋=(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.14 18:00
オリックス・バファローズ 8 終了 2 広島東洋カープ
京セラD大阪
○ オリックス 8 - 2 広島 ●
<3回戦・京セラD大阪>

 オリックスが快勝し、今季初の同一カード3連勝で貯金3。広島は今季2度目の同一カード3連敗を食らい、貯金を8に減らした。

 オリックスは先発の金子が、バックの好守備もあり6回まで無失点。7回に連続ソロを浴び2点を奪われたが、7回途中6安打2失点で今季3勝目(5敗)を手にした。

 打線は4回、4番吉田正の適時二塁打、6番中島の中前適時打で2点を先制。5回には25歳になった2番大城が、バースデーアーチとなる4号ソロを放ち3-0とした。6回にも中島の2打席連続適時打、8番武田の適時三塁打で2点を追加。効率よい攻撃で、広島先発・フランスアをノックアウトした。

 8回には7番安達の2点適時二塁打、続く武田の右前適時打でダメ押しとなる3点を追加。計10安打で8点を奪った。

 広島は序盤から拙攻が目立ち、得点は5番松山、6番新井の連続ソロによる2点のみ。フランスアは中盤に捕まり、6回途中4失点で2敗目を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西