ニュース

巨人・鍬原のプロ初勝利に江本氏「4点取られて勝ち投手は…」

無断転載禁止
ソフトバンク戦に先発した巨人・鍬原=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.14 18:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 6 読売ジャイアンツ
ヤフオクドーム
● ソフトバンク 4 - 6 巨人 ○
<3回戦・ヤフオクドーム>

 巨人のドラフト1位ルーキー・鍬原拓也が14日のソフトバンク戦で、嬉しいプロ初勝利を挙げた。

 鍬原は1点リードの2回に松田宣浩に第14号2ランを浴び逆転を許した。3回以降は無失点に抑えていたが3-2の5回二死三塁から、高田を二塁ゴロに打ち取ったかのように思われたが、二塁・吉川尚がファンブル。三塁走者・甲斐拓也の生還を許し同点に追いつかれた。

 それでも打線は6回、坂本勇人の第6号ソロ、岡本和真の適時打で2点を奪い勝ち越した。その裏、鍬原は上林誠知に第8号ソロを打たれ、5回2/3を投げて4安打4失点という投球内容だった。

 このリードを沢村拓一、マシソン、カミネロが守り切り、6-4で巨人が勝利。鍬原は嬉しいプロ初勝利を手にした。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ソフトバンク-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「内容は前半にいいところがありましたけど、4点取られて、勝ち投手はラッキー、野手のおかげですよね」と厳しいコメント。「今日は打線に借りができていますよね。次はしっかり抑えて返さないと」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM