ニュース

DeNAがオリックスに完敗…東が初回4失点&筒香不在の打線が沈黙

無断転載禁止
6回途中7失点で降板したDeNA・東 [画像=萩原孝弘]
2018.06.15 18:00
オリックス・バファローズ 7 終了 3 横浜DeNAベイスターズ
京セラD大阪
○ オリックス 7 - 3 DeNA ●
<1回戦・京セラドーム大阪>

 DeNAの東が課題とする立ち上がりに4失点。筒香を欠いた打線もオリックス・西の前に沈黙し、一進一退が続いているリーグの順位も5位に後退した。


悔やまれる立ち上がり


 ベイスターズの先発は、開幕から唯一ローテーションを守り続けているドラ1左腕の東克樹。ここまで5勝2敗で、防御率2.01はリーグ2位の好成績を残している。クオリティースタート率(6回3失点以内)も80%と高く、チーム内では数少ない「イニングをくえる」ピッチャーとしてエース級の働きを見せているが、初回に悪癖が出てしまう。

 一死後、四球で走者を許すと、犠牲フライを挟んでの4連打でいきなりの4失点。課題としている立ち上がりにまたしても失点を重ねてしまった。2回も先頭の西村に二塁打を打たれると、佐野のまずい守備もあって三塁を陥れられるが、リクエストの末に西村はアウト。これを機に立ち直った東は、6回まで一人の走者も許さない素晴らしい投球を披露した。

 しかし6回に自らのバント処理と、ベースカバーのミスなどが重なり100球ちょうどでノックアウト。被安打7、与四球3、奪三振4の失点7という内容だった。これには東も「ブルペンから調子が悪く、モヤモヤしながら試合に入ってしまった。投球以外のミスの部分も1週間で調整し直したい」と反省しつつ、次回の登板を見据えた。


主軸不在の打線…筒香は抹消せず


 一方の打線は、ホセ・ロペスを故障で欠き、西武戦で爆発し調子を取り戻したかに見えたネフタリ・ソトも発熱で抹消。悪い事は続くもので、この日は遂に“横浜の象徴”筒香嘉智まで、「上半身の張り」によりスタメンを外れた。明らかに迫力を欠いた打線は、オリックスの先発・西勇輝の前に8回まで毎回の12三振を喫し、試合終盤に2点を返すのがやっと。9回に中川大志の本塁打で1点を返し、なおも関根大気と飛雄馬の連打で“守護神”増井浩俊を引きずり出したが、反撃もそこまでだった。

 主軸不在の中で6番に入って2本の長打を放った中川は、「代打の時と同じ気持ちで打席に入った。自分のスイングが出来た」と振り返り、「やることは変わらないので、しっかり準備して勝利に貢献したい」と明日以降を見据えた。

 また、ラミレス監督は「西相手に4点のビハインドは苦しい」と立ち上がりの大量失点を悔やみ、打撃に関しては「若い選手がベストを尽くして闘ってくれた。終盤はエキサイティングな場面も作れた」と粘りを見せた若手に一定の評価を与えた。気になる筒香については、「昨日のゲーム前から上半身の張りがあったようで、ゲーム後に張りが増したということで今日はオフにした。明日の出場は当日決める」と重症ではないことを強調し、登録抹消はしない考えを示した。


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西