ニュース

DeNA、完封リレーで延長戦勝利 オリックスの連勝は4でストップ

無断転載禁止
DeNAの2年目左腕・浜口遥大(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.16 14:00
オリックス・バファローズ 0 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
京セラD大阪
● オリックス 0 - 1 DeNA ○
<2回戦・京セラD大阪>

 DeNAが5投手による無失点リレーで完封勝利。延長11回、1番神里が均衡を破る適時三塁打を放った。オリックスも投手陣が好投したが、こちらは打線がゼロ行進。連勝は4で止まった。

 DeNAは先発・浜口が好投。バックの好守備もあり、7回2安打無失点で降板した。2番手以降のパットン、砂田、三嶋も無失点。すると延長11回、二死二塁の好機で、神里が右中間を深々と破る殊勲打を放った。

 1点リードの11回裏は、守護神・山崎がピシャリ。5投手の無失点リレーでオリックス打線を3安打に封じ、三嶋が4勝目、山崎は14セーブ目を手にした。

 オリックスも先発・ディクソンが、7回2安打無失点と好投。助っ人右腕は今季初勝利とはならなかったが、「今年の中では一番調子がよかったと思う。終始、どの球種もリリースポイントが安定していた。特にツーシームがよかったから、ナックルカーブもよく効いてくれたと思う」と手応えを口にした。

 リリーフ陣も山本、増井、吉田一が無失点リリーフ。しかし11回裏、5番手の近藤が打たれ2敗目(2勝)を喫した。打線は好機であと一本が出ず完封負け。9回と10回も得点圏に走者を置いたが、サヨナラ打は生まれなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西