ニュース

ノムさん、巨人の守備に「シフトもなにも敷かないんですね」

無断転載禁止
野村克也氏(C)KYODO NEWS IMAGES
 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ロッテ-巨人戦』で解説を務めた野村克也氏が、巨人の守備についてボヤいた。

 野村氏がボヤいたのは、0-1の5回無死一塁の巨人内野陣の守備位置。野村氏は「(ロッテ・鈴木大地が)バントの構えをしていますが、守っている巨人はシフトもなにも敷かないんですね」とチクリ。「ファースト(の岡本は)じ~っとしたまんまですし、バントし放題ですよ。守りでもプレッシャーをかけられるわけですから。バントかと思ってダ~っとシフト敷いたら、バッターも良いバントをしなきゃと余計失敗するのです。全然動かないでしょ」と続けた。

「我々の時代の野球は、バントのケースはファーストもサードも思い切って前進しますからバントは難しかったんですよ。最近はバスターエンドランとかをやりますので難しいんですけど、駆け引きですよ。1球目にバントシフトを敷いて、2球目にやらないとかね。そうすると相手の監督もヒットエンドランを出しにくいんですよ」と、バントシフトの重要性について説いた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM