ニュース

オリックスのディクソンが背水の登板で好投!福良監督「良いものを見せてもらった」

2018.06.16 14:00
オリックス・バファローズ 0 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
京セラD大阪
 先週は1回6失点でKOされるなど、未だに勝ち星がない(8試合0勝5敗)オリックスの先発ディクソンが、16日のDeNA戦で見違えるようなピッチングを披露。7回を被安打2、与四球0と完璧な投球を見せ、3塁を踏ませなかった。

 しかし、打線がDeNAの先発・濱口遥大を崩しきれず、0-0のまま8回以降は継投勝負に。オリックスは、山本由伸、増井浩俊、吉田一将とつないだが、11回表に登板した5番手の近藤大亮が失点。打線もDeNAの救援陣を攻略できずに0-1で喫した。

 オリックス福良監督は、先発のディクソンについて「良かった。いいものを見せてもらった。きょうが本来の姿」と評価。勝ち星がつかなかったディクソン自身も「今年の中では、一番調子がよかったと思う。どの球種もリリースポイントが安定していた」と振り返った。

 今季初勝利を手にすることはできなかったものの、今回の登板でKOされていればローテから外される可能性もあっただけに、試合後は安堵の表情を浮かべていた。

取材・文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西