ニュース

ヤクルト、交流戦初V決めた! パ5球団に勝ち越し、最下位から2位へ

無断転載禁止
ヤクルト・青木宣親(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.17 14:00
北海道日本ハムファイターズ 1 終了 5 東京ヤクルトスワローズ
札幌ドーム
● 日本ハム 1 - 5 ヤクルト ○
<3回戦・札幌ドーム>

 ヤクルトが交流戦成績を12勝5敗とし、球団初の交流戦勝率1位を決めた。2位のオリックスも勝利したが、こちらは11勝6敗。残り1試合、ヤクルトが敗れオリックスが勝利しても両チームは12勝6敗で並ぶため、すでに直接対決を2勝1敗で制しているヤクルトの1位が決まった。

 ヤクルトは初回、2番青木、3番川端、4番バレンティンの3連打で先制。1-1の6回は6番荒木の左犠飛で勝ち越したあと、続く坂口の右前適時打で3-1とした。8回は二死一、二塁から、青木が3安打目となる2点適時二塁打を放ち2点を追加。打撃好調な背番号23は、これで5試合連続マルチ安打とした。

 先発の小川は6回1失点で3勝目(2敗)。8安打を許し走者を背負う投球が続いたが、粘りの投球で最少失点に抑えた。7回以降は、中尾、近藤、石山が無失点リレー。交流戦中に確立した勝ちパターンで試合を締めた。

 ヤクルトは17勝26敗1分のリーグ最下位で交流戦に突入。初戦のロッテ戦(神宮)に敗れ借金10となったが、次戦から怒涛の7連勝をマークした。連敗が止まっても勢いは衰えず、パ・リーグ相手に5カード連続の勝ち越し。日本ハムには1勝2敗と負け越したが、この日の3回戦に勝利し、リーグ戦も再び2位へ浮上した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西