ニュース

ロッテ、交流戦3連勝締めで貯金1 石川5連勝&トップタイ8勝目!

無断転載禁止
阪神戦に先発したロッテ・石川=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.19 18:00
阪神タイガース 1 終了 3 千葉ロッテマリーンズ
甲子園
● 阪神 1 - 3 ロッテ ○
<3回戦・甲子園>

 ロッテが3連勝で貯金1とし、交流戦を11勝7敗で終えた。先発の石川は5回1失点と粘投。自身5連勝でリーグトップタイの8勝目(3敗)を手にした。

 ロッテは初回、3番中村、4番角中の連続適時二塁打で2点を先制。2回にも1番荻野が左前適時打を放ち、阪神先発・メッセンジャーから2回までに3点を奪った。

 石川は2回まで安定した投球。3回以降は走者を背負う投球が続き、4回に7番高山に右前適時打を許したが、5回90球を投げ5安打1奪三振1失点の内容。しっかりと試合を作り、リリーフ陣にあとを託した。6回以降は南、大谷、益田、内が無失点リレー。最後を締めた内は15セーブ目を手にした。

 阪神は打線が振るわず、9安打で1得点。メッセンジャーは打線の援護なく、7回3失点で4敗目(8勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西