ニュース

里崎氏が語ったヤクルト交流戦最高勝率の要因

無断転載禁止
球団初の交流戦最高勝率に輝いたヤクルト(C)KYODO NEWS IMAGES
 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏が19日、『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-ソフトバンク戦』で、ヤクルトが交流戦最高勝率に輝いた要因について語った。

 里崎氏は「打線は元々状態が良かった。投手力がカギと言われた中で、投手の頑張りが大きかったでしょうね」と投手陣を挙げた。里崎氏が話すようにヤクルトは、交流戦前のチーム防御率が4.54だったが、交流戦のチーム防御率は3.38と改善。

 その中でも、里崎氏は「中継ぎ以降の7、8、9、ここの整備ができているチームから順位付けしてもいいぐらいの重要度はありますね。近藤、中尾、石山の後ろ3枚がしっかり活躍できたことが、交流戦勝率1位になったと思います」と“勝利の方程式”が確立したことが、安定した戦いができるようになったと分析した。

 パ・リーグを相手に12勝6敗と勝ち越したヤクルトは、リーグ戦に戻ってからも交流戦のような戦いをすることができるだろうか…。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM