ニュース

“幻の実況”に松本アナ「この経験は1度でいいです(笑)」

無断転載禁止
 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター プレイボール』で、最後まで放送できなかった前日の『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-ソフトバンク戦』の一部が放送された。

 この日は『2018 FIFA ワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦 日本-コロンビア戦』の中継のため、ヤクルト-ソフトバンク戦は6回裏終了で中継が終わった。

 その後は他局に向けて放送を行っていたが、こちらも21時50分頃に放送が終了。ヤクルト-ソフトバンク戦の試合は続いていたが、全国中継が全て終了となった。

 それでも、同日ニッポン放送で実況を担当した松本秀夫アナウンサー、解説の里崎智也氏、ベンチ情報を担当した宮田統樹アナウンサーは、ヤクルト-ソフトバンク戦の試合後のソフトバンク・上林誠知のヒーローインタビューが終了する22時06分まで、本番の中継と同様に実況、解説を最後までこなした。

 20日の『ニッポン放送ショウアップナイター プレイボール』に出演した松本アナは「誰も聞いてないのに、ディレクターが紙を出してきて、現場終了の22時06分に上がって下さい。上がって下さいも何もみんな上がっているでしょ(笑)」と中継の裏話を明かし、「この経験は1度でいいです(笑)」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM