ニュース 2018.06.24. 18:02

阪神、今季初の5連敗で単独最下位 5点差追いつくも、ドリス炎上5失点

無断転載禁止
阪神・中谷将大(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.24 14:00
阪神タイガース 6 終了 11 広島東洋カープ
甲子園
● 阪神 6 - 11 広島 ○
<11回戦・甲子園>

 広島が敵地で3連勝。阪神は引き分けを挟み今季初の5連敗となり、セ・リーグ単独最下位へ転落した。

 阪神は、先発・小野が5回まで1失点。しかし同点で迎えた6回、2つの四球で一死一、二塁のピンチを招き、4番鈴木に左前適時打を浴び降板した。阪神ベンチは2番手・岩崎にスイッチしたが、左腕は5番松山に適時二塁打、6番野間には2点適時三塁打を浴びたあと、続く会沢にも右犠飛を許し1-6と突き放された。

 それでもその裏、代打・原口の2点適時打で反撃開始。続く7回も5番陽川が右前適時打、代打・中谷は2点適時打を放ち、6-6の同点に追いついた。

 投手陣は7回以降、藤川、桑原が1イニングずつを無失点。しかし同点の9回、守護神のドリスが無死二塁のピンチを招いたあと、送りバントの打球を一塁へ悪送球。自らの失策により決勝点を許した。

 ドリスはその後、2四球(申告敬遠含む)と暴投などで一死満塁とされ、鈴木に左翼ポールを直撃する10号満塁弾を浴びた。守護神は1/3回で降板し、2安打2四球で計5失点(自責3)。自滅で今季3敗目(1勝16セーブ)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西