ニュース

DeNA、連敗止め3位へ再浮上 浜口初勝利ならずも13イニング連続0封

無断転載禁止
DeNA・浜口遥大(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.24 14:00
中日ドラゴンズ 1 終了 6 横浜DeNAベイスターズ
ナゴヤドーム
● 中日 1 - 6 DeNA ○
<11回戦・ナゴヤドーム>

 DeNAが接戦をモノにし、中日と入れ替わり3位へ再浮上。同点の9回、関根の3点適時三塁打などで、一気に5点を勝ち越した。

 今季初勝利を目指す先発は・浜口は、3回まで1安打と上々の立ち上がり。4回以降は走者を背負う投球が続いたが、中日打線の拙攻にも助けられゼロを並べた。

 6回に4番筒香が17号ソロを放ち、浜口は今季初勝利の権利を持って降板。しかし8回、3番手のパットンが失点し、浜口の白星は消滅した。それでも、左腕は6回6安打無失点の粘投を見せ、7回無失点だった前回16日のオリックス戦(京セラD大阪)から、13イニング連続無失点。今季7登板目も白星は付かなかったが、防御率は2.65となり、自身の登板試合はこれで3連勝となった。

 打線は好機であと一本が出ない展開が続いていたが、1-1の9回は一死からの3連打で満塁とし、途中出場の関根が一塁線突破の3点適時三塁打を放った。さらに1番神里が、猛打賞となる2点適時打を右前へ運び勝負あり。土壇場でようやく打線がつながり、連敗を3で止めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西