ニュース

広島4連勝で貯金10、松山が満弾含む5打点 巨人は投壊、鍬原7失点で2敗目

無断転載禁止
広島・松山=マツダスタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.26 18:00
広島東洋カープ 14 終了 5 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 14 - 5 巨人 ●
<8回戦・マツダスタジアム>

 広島打線が爆発し、4連勝で再び貯金10。5番松山が、7号満塁弾を含む3安打5打点と活躍した。巨人は初回に4点を先制するも、投手陣が崩壊。3回途中7失点の先発・鍬原は2敗目(1勝)を喫した。

 広島は先発・ジョンソンが初回に4失点。それでも直後の1回裏、無安打で一死満塁の好機を作り、松山が右翼席への同点満塁弾を放った。再び1点を勝ち越された3回は、3番丸の12号ソロで同点。さらに無死三塁から、再び松山が適時二塁打を放ち6-5と勝ち越した。

 勢いづいた広島打線は、さらに代打・会沢が2点適時打、代打・バティスタが11号2ランを放ち一挙6得点。早めの代打策がズバリと当たり、6回以降も会沢の7号2ラン、丸の13号ソロで加点した。

 ジョンソンは3回5失点で、3回の攻撃で代打を出され降板。逆転したあとは、2番手・フランスアが5イニングを1安打無失点に抑える好投。見事なロングリリーフで、うれしいプロ初勝利(2敗)を手にした。

 巨人は初回、5番亀井の左前適時打、6番長野の2点適時二塁打などで4点を先制。同点の3回は4番岡本の14号ソロで再び1点を勝ち越した。

 しかし、先発の鍬原が初回4失点、3回も計3失点と味方の得点直後に失点。2番手以降の森福、アダメス、谷岡、田原も失点を重ね、計14失点で大敗した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西