ニュース

阪神・金本監督、決勝弾の陽川に打席前にかけた言葉とは…

無断転載禁止
7回、先制3ランを放った陽川を迎える阪神・金本監督=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.26 18:00
横浜DeNAベイスターズ 0 終了 4 阪神タイガース
横浜
 阪神・金本監督が、陽川尚将の一発を喜んだ。

 0-0の7回一死一、三塁で打席にはこの日無安打の陽川。DeNA2番手・エスコバーが1ボール2ストライクから投じた5球目のストレートを一塁へ放った。誰もが一塁ファウルフライに打ち取られたかと思ったが、一塁の中川大志が落球。命拾いした陽川は続く6球目のストレートをバックスクリーン右に放り込んだ。

 金本監督は「持ち味の長打力を活かしてくれた。もう一歩、欲を言えば、(本塁打の)その前のまっすぐをとらえてほしかった。ただ、いきなりは求めませんよ」と話し、「打席へいくときに『陽川さまのおなーりー!』というくらいに威張って行け、と言ったんだ(笑)」と明かした。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM