ニュース

巨人・田口、4回5失点で3勝目ならず 小林は打席に立たぬまま交代

無断転載禁止
巨人・田口=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.27 18:00
広島東洋カープ 8 終了 6 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム

小林は前夜も4回に代打を送られる…


 27日の広島戦(マツダ)に先発した巨人の田口麗斗投手と小林誠司捕手が、早くも試合から退いた。

 田口は初回、1番田中、2番菊池に連打を許すと、続く丸には四球を与え無死満塁のピンチを招いた。4番鈴木に中前への2点適時打を浴び早くも2失点。続く新井にも右前適時打を許し、6番野間の遊ゴロの間に4点目を失った。

 巨人は4点を追う3回、3番マギーが7号3ランを放ち1点差。しかしその裏、田口が4番鈴木に11号ソロを浴び、再び点差を広げられた。3回の攻撃では、先発マスクの小林に代え、早くも代打・大城を投入。小林は、前夜も鍬原とのコンビで序盤から大量失点を喫し、4回の第2打席で代打を送られていた。

 田口は5回表の攻撃で代打を送られ、4回8安打5失点の内容で降板。2勝目を挙げた5月5日のDeNA戦(横浜)以来となる白星は、またもお預けとなった。

 巨人は3-5の5回裏から継投策に入ったが、救援陣も失点を重ね6-8で敗戦。チームはこれで3連敗となり、責任投手の田口は今季5敗目(2勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西