ニュース

オリ、最近5戦で4度目の延長戦はドロー…救援陣力投も打線が決め切れず

無断転載禁止
オリックスの吉田一将=メットライフ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.27 18:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 3 オリックス・バファローズ
メットライフ
西武 3 - 3 オリックス
<10回戦・メットライフ>

 8回以降スコアが動かず、延長12回の末引き分け。オリックスは最近5試合で4度目の延長戦も、トータル2分2敗。この日も救援陣が力投したが、打線が決め切れなかった。

 オリックスは4回、3番ロメロの13号2ランで先制。2-1の6回は7番T-岡田が9号ソロを放ち、再び2点リードとした。先発の金子は、6回までソロ被弾による1失点のみ。2点リードの7回も続投したが、8番中村に2打席連発となる3号2ランを浴び、3-3の同点に追いつかれた。

 8回以降は山本、増井、吉田一、近藤、比嘉が無失点リレー。自慢の救援陣が好リリーフを見せたが、打線が次の1点を奪えなかった。

 オリックスは3-3で引き分けた21日の阪神戦(甲子園)、11回の末3-5で敗れた22日のソフトバンク戦(ほっと神戸)、12回の末4-5で敗れた24日のソフトバンク戦(京セラD大阪)と、最近5試合で4度目の延長戦。またも勝ちきれなかったが、ソフトバンクが日本ハムに敗れたことで、3位とのゲーム差は0.5となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西