ニュース

田尾氏が語った阪神・中谷の課題点

無断転載禁止
阪神・中谷将大(C)KYODO NEWS IMAGES
 27日に放送された『ニッポン放送制作の阪神-DeNA戦』で解説を務めた田尾安志氏が、阪神・中谷将大の課題点について言及した。

 田尾氏は「フルスイングするのは彼の良さなのでいいのですが…」と前置きをしたうえで、「フリー打撃を見ていて打ち損じが多い」と指摘。「フリー打撃というのは、必ずタイミングが合って振れるので、もっと芯で捉えないといけない。そこでポップフライが多いのは困りますよね」と続けた。

 その原因について田尾氏は「ひとつは左肘が伸びすぎている。(左肘が)伸びて打っている人は(打てる)確率が落ちるんですよ」と説明。この日の第1打席の2球目に真ん中のスライダーをファウルした場面に「ピッチャーからしたらしまったという甘いスライダーですが、あおりすぎたようなファウルですよね。フルスイングと大振りには大きな違いがあって、フルスイングは後ろが大きくならない。今の中谷は後ろが大きすぎるね」と解説した。

 中谷が第1打席、空振り三振に倒れた後、田尾氏は「センター方向に打ち返してやろうという感じがしない。全部引っ張りですからね。センターから右へ打とうとすると、ボールを少し呼び込める」と語った。

 中谷は昨季チームトップの20本塁打を放ったが、今季は開幕を二軍で迎え、昇格後は好不調の波が大きい印象だ。首脳陣、ファンからの期待が大きいだけに、奮起が求められる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM