ニュース

田尾氏が見た阪神・陽川の打撃好調の要因とは…

 27日に放送された『ニッポン放送制作のDeNA-阪神戦』で解説を務めた田尾安志氏が、4安打3打点の活躍を見せた阪神・陽川尚将の好調の要因について語った。

 田尾氏は「何がレベルアップしたかと言うと、引っ張りスイングからセンターを中心にどこにでも打てるスイングになってきた」と分析する。田尾氏の言葉通りこの日、陽川が放った4安打は、いずれもセンター方向への打球だった。

 3本目の安打となった4回のセンター前ヒットに田尾氏は「今までの陽川だと引っ張っていますよね。それをセンターやや右ですから、(ヒットの)確率は高くなりますよ」と話し、8回のセンターへのタイムリー二塁打については「完璧に捉えている。ラッキーヒットじゃなくて、自分のスイングでヒットにできている。そこが凄いですよね。近々4番じゃないですかね」と絶賛した。

 試合後、田尾氏は「4本ともにセンターを中心に打ちに行っている。レフトへ引っ張ってじゃない分、良い状態が長く続くんじゃないかと感じさせる4安打。4番を打たせても全然おかしくない。それぐらいの存在感を感じていますね」と陽川の打撃をべた褒めした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM