ニュース

中日・京田に山崎武司氏「引っ張っていく選手にならないと」

無断転載禁止
中日の京田陽太
 28日に放送された『ニッポン放送制作のヤクルト-中日戦』で解説を務めた山崎武司氏が、中日・京田陽太について言及した。

 開幕から遊撃のスタメン出場を続けてきたが、左の石川雅規が先発した28日のヤクルト戦ではスタメンから外れるなど、ベンチスタートが増えている。

 その原因は打撃だ。打率は.226と低迷し、現在6試合連続安打がない状況。山崎氏は「バッティングの技術的に直さないといけない部分が2、3あると思いますね」と話す。

 「京田は足をあげて打ちますよね。足をあげて踏み出して打ちにいくときに、上下にあおりがありますので、安定感を欠けるバッティングになっていますね」と説明し、「動かさずに体をピッチャーの方向に踏み出していって欲しい」と注文をつけた。

 山崎氏は「京田は試合に出なければいけない立場の人間。彼は足もありますし、チームを引っ張っていく選手にならないといけない」と奮起を促した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM