ニュース

ロッテ・ボルシンガー、パ10勝一番乗り 角中3打点、ソフトBと再び1差

無断転載禁止
ロッテ・ボルシンガー(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.30 14:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 5 千葉ロッテマリーンズ
ヤフオクドーム
● ソフトバンク 2 - 5 ロッテ ○
<9回戦・ヤフオクドーム>

 ロッテが敵地で快勝し、3位のソフトバンクに再び1ゲーム差に迫った。先発のボルシンガーが7回3安打1失点の快投。自身9連勝で、リーグ一番乗りとなる今季10勝目(1敗)を手にした。

 ボルシンガーは緩急自在の投球で、5回まで2安打無失点の快投。5点リードの6回、先頭に二塁打を許し、一死三塁から内野ゴロの間に失点したが、終始危なげない投球でソフトバンク打線を翻弄した。

 ボルシンガーは100球を越えた7回も3者凡退で締め、3安打6奪三振1失点でお役御免。3点リードの9回は内が締め、18セーブ目を手にした。

 打線は初回、4番角中の右前適時打で先制。2回は8番田村の1号ソロで2点目を加えた。3回は3番中村の適時二塁打で3点目を奪ったあと、角中が3号2ランを右翼席へ。3回までに5点を奪いボルシンガーを援護した。

 ソフトバンクは、またもボルシンガーに苦しめられ、2戦計14イニングでわずか1得点。先発の石川は立ち上がりに苦しみ、4回5失点で4敗目(7勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西