ニュース

若松氏、両打ちの阪神・熊谷に「右も左もいいスイング」

無断転載禁止
2回阪神無死二塁、熊谷が右前に適時打を放つ=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
 6月30日のヤクルト戦に『2番・遊撃』でスタメン出場した阪神のドラフト3位ルーキー・熊谷敬宥が、プロ初打点を含む2安打2打点の活躍を見せた。

 3回無死二塁の第2打席、ヤクルト先発・ハフが投じた外角のチェンジアップをライト前に運ぶと、二塁から糸原健斗が一気に生還。熊谷にとって嬉しいプロ初打点を記録した。左打席に入った5回一死一、二塁の第4打席では、ヤクルト2番手・山中浩史の初球のカーブを叩きライト前へヒット。これでマルチ安打を達成した。さらに9回の第6打席で遊ゴロの間に三塁走者が還り、この日2打点目をマーク。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』の解説を務めた若松勉氏は熊谷について「体はそんなに大きくないですけど、バットスピードが速いですね。右も左もいいスイングをしていますよね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM