ニュース 2018.07.02. 08:00

2回の燕・川端の走塁ミスに里崎氏「痛かった」

無断転載禁止
2回ヤクルト無死一、二塁、代打山崎の中飛で二走川端が三塁を狙うがタッチアウト。三塁手北條=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
ヤクルトは3-6の9回に2点を還すも、あと一本が出ず阪神に5-6で敗れた。

先発・寺島成輝が2回6失点でKOされたのも敗因のひとつだが、振り返ると2回の川端慎吾の走塁ミスも痛かった。

0-6の2回無死一、三塁から井野卓の適時打で1点を還した後、山崎晃太朗の中飛で二塁走者・川端がハーフウェーから慌てて戻り、タッチアップを試みるも三塁タッチアウト。続く西浦直亨が二ゴロに倒れ、ノーアウトでチャンスを作りながら1得点しか挙げられず。さらに、立ち上がり不安定だった阪神先発・小野泰己を助ける形になってしまった。

 この走塁に同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた里崎智也氏は試合後、「ノーアウトだったので、最初からタッチアップしとけば、悠々セーフのタイミング。 そこの走塁ミスは痛かったですよね。また三塁のスライディングも中途半端な走塁でした」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM