ニュース

西武、首位攻防戦制しハムと2差 十亀5勝目、中村V弾などで上沢攻略

無断転載禁止
西武・十亀剣(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.03 18:00
北海道日本ハムファイターズ 2 終了 5 埼玉西武ライオンズ
札幌ドーム
● 日本ハム 2 - 5 西武 ○
<11回戦・札幌ドーム>

 西武打線が日本ハムの先発・上沢を攻略し、首位攻防初戦に勝利。先発の十亀は8回途中7安打10奪三振無失点の好投で、日本ハム戦今季初白星となる5勝目(6敗)を手にした。

 西武は2回、8番中村の右越え4号2ランで先制。3回は2番源田が安打と盗塁でチャンスメイクし、4番山川の左前適時打で3点目を奪った。4回には、「2アウトからつないでくれたのと、2打席凡退していたので、何とか結果を出そうと打席に入りました」と語った1番秋山が、4点目となる適時打を中前へ。さらに、続く源田も二塁への適時内野安打で続き、4回までに5点を奪った。

 先発の十亀は、安定した立ち上がり。4回は連打で無死一、三塁のピンチを背負ったが、5番レアードを浅めの中飛、6番田中は一ゴロ、最後は7番横尾を左飛球に仕留め得点を許さなかった。中盤以降も要所を締める投球でゼロ行進。8回は二死満塁の場面で降板したが、2番手・ヒースが7番横尾を二飛に仕留めた。

 5点リードの9回は3番手・増田に託したが、瞬く間に3連打を許し一死も取れず2失点。それでも、最後はカスティーヨが締め、2セーブ目を手にした。

 日本ハムは十亀から得点できず、完封を回避するのがやっと。上沢は6回5失点で3敗目(7勝)。降板後「ツーアウトを取ってから、もったいない失点が多かったです。特に2回のホームランが悔やまれます。油断していたわけではないですけど、もう少し違う入り方ができたのではないかと反省しています」などと話した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西