ニュース

同率3位対決はドロー、揃って4位へ後退 オリは救援陣が無安打リレーも…

無断転載禁止
オリックスの新守護神・増井(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.03 18:00
オリックス・バファローズ 2 終了 2 千葉ロッテマリーンズ
京セラD大阪
オリックス 2 - 2 ロッテ
<12回戦・京セラD大阪>

 同率3位対決は、延長12回の末引き分け。同じく同率3位だったソフトバンクが楽天に勝利したため、オリックスとロッテは揃って4位へ後退した。

 両先発は、ともに10勝目がかかったオリックス・アルバースとロッテ・石川。戦前の予想通り試合はロースコアとなり、両投手とも2失点で降板した。

 オリックスは2-2の7回から、自慢のブルペン勝負に出た。7回は吉田一が抑え18試合連続無失点とし、8回は山本が3者凡退の完璧リリーフ。9回の増井、10回の近藤はそれぞれ2四球を与えたが、決定打は許さなかった。

 11回の沢田、12回の比嘉はそれぞれ3者凡退で凌ぎ、救援の6投手はノーヒットリレーを展開。しかし、打撃陣からサヨナラの一打は生まれなかった。

 ロッテも9回から継投策に出て、内、益田、大谷、南が無失点リレー。打線は6回以降無安打に封じられ、四球のランナーも活かせなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西