ニュース

阪神、甲子園での連敗を6で止める 中日は大野雄が4点リードを守れず

無断転載禁止
阪神・梅野(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.04 18:00
阪神タイガース 6 終了 5 中日ドラゴンズ
甲子園
○ 阪神 6 - 5 中日 ●
<13回戦・甲子園>

 阪神が4点ビハインドをひっくり返し、甲子園での連敗を6でストップ。梅野が4号3ランを含む2安打4打点の活躍を見せた。

 阪神は先発・藤浪が3回までに4失点。それでも4回、5番ナバーロの二塁打、7番大山の四球で二死一、二塁の好機を作ると、8番梅野が4号3ランを左翼席へ運んだ。1点差とした6回は、4番陽川の二塁打に敵失が重なり無死三塁の好機。ここでナバーロがキッチリと左犠飛を放ち、4-4の同点に追いついた。

 8回は一死からナバーロの左前打、代走・俊介の盗塁で二死二塁とし、大山が右越えの適時三塁打を放ち逆転。さらに、梅野も適時内野安打で続き6-4とした。

 先発の藤浪は6回途中4失点で降板したが、2番手以降の能見、藤川、桑原が無失点リリーフ。2点リードの9回に守護神・ドリスが1点を返されたもの、4番手の桑原が2勝目(1敗)、ドリスは19セーブ目を手にした。

 中日は3回までに4点を先制するも、今季未勝利の先発・大野雄が6回途中4失点(自責3)で降板。8回は3番手の祖父江が捕まり今季初黒星(1勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西