ニュース

プロ野球6月の月間MVP セはヤクルトコンビ、パはロッテコンビで独占

無断転載禁止
ヤクルト・青木宣親(C)KYODO NEWS IMAGES

小川は2度目、青木は4度目


 プロ野球セ・パ両リーグは10日、6月度の月間MVP選手を発表した。受賞選手は以下の通り。

【パ・投手】マイク・ボルシンガー(ロッテ)☆初受賞
【パ・打者】角中 勝也(ロッテ)     ☆初受賞
【セ・投手】小川 泰弘(ヤクルト)    ☆2度目
【セ・打者】青木 宣親(ヤクルト)    ☆4度目


パ・リーグ


▼ 投手部門

マイク・ボルシンガー(ロッテ)
[成績] 5試(35.0回) 5勝0敗 奪三振27 防2.31 ☆完投2・完封1

☆来日1年目でうれしい初受賞。
☆リーグトップの5勝をマーク。
☆完投2、投球回数もリーグトップの成績だった。


▼ 打者部門

角中勝也(ロッテ)
[成績] 22試 率.395 安打32 本塁打2 打点16 盗塁1

☆プロ12年目でうれしい初受賞。
☆打率がリーグトップ、出塁率がリーグ2位、安打もリーグ2位タイだった。
☆ロッテ勢による投手・打者同時受賞は1997年4月の河本育之&小坂誠以来。


セ・リーグ


▼ 投手部門

小川泰弘(ヤクルト)
[成績] 4試(25.0回) 3勝0敗 奪三振25 防1.08

☆2016年8月以来、自身2度目の受賞。
☆リーグトップの3勝負けなし。
☆ヤクルトの投手としても、2016年8月以来の選出。


▼ セ・リーグ打者部門

青木宣親(ヤクルト)
[成績] 23試 打率.388 安打33 本塁打4 打点22

☆2010年9月以来、自身4度目の受賞。
☆打率、安打にくわえて得点圏打率(.600)もリーグトップ。打点もトップタイという成績。
☆ヤクルトの打者としては、2016年6月の山田哲人以来の受賞。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西