ニュース

中日・松坂、12年ぶり球宴は1回5失点 西武の後輩に2本塁打許す

無断転載禁止
オールスター第1戦に先発した全セ・松坂(中日)=京セラドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.13 19:00
オールパシフィック 7 終了 6 オールセントラル
京セラD大阪

西武・秋山は、史上初の2年連続先頭打者弾


 中日の松坂大輔投手が13日、「マイナビオールスターゲーム2018」の第1戦(京セラD大阪)に先発登板。初回に西武の秋山と森に手痛い一発を浴びるなど、1回5失点で降板した。

 セ・リーグ先発投手部門で最多得票を集め、12年ぶりの夢舞台となった松坂。初回、先頭の秋山(西武)に粘られると、フルカウントからのカットボールを右翼席へ運ばれた。2番柳田(ソフトバンク)は空振り三振に仕留めたものの、3番近藤(日本ハム)には中前打、4番中田(日本ハム)には死球をぶつけ、一死一、二塁。ピンチを招いたあと、5番吉田正(オリックス)に中前適時打を浴びた。

 6番浅村(西武)は右飛に退け二死一、三塁としたものの、続く森(西武)に右翼ボール際への3ランを浴び、大量5点を失った。7番今江(楽天)は三ゴロに退け、1回30球を投げ、2被弾を含む4安打5失点。松坂は1イニングのみの出番で、セ・リーグ選抜は、2回からメッセンジャー(阪神)をマウンドに送った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西