ニュース

球宴第1戦は全パが空中戦制す MVPは西武の森、3ラン含む長打2本

無断転載禁止
先頭打者弾の秋山(右端)を迎える全パの選手たち=京セラドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.13 19:00
オールパシフィック 7 終了 6 オールセントラル
京セラD大阪
○ 全パ 7 - 6 全セ ●
<第1戦 京セラD大阪>

「マイナビオールスターゲーム2018」の第1戦が行われ、全パが両チーム合わせ5本塁打の空中戦を制した。MVPには3ランを含む2安打3打点をマークした西武の森友哉捕手が選ばれた。

 全パは初回、全セ先発・松坂(中日)に対し、先頭の秋山(西武)が先頭打者弾を放ち先制。秋山は「最初なかなか前に飛ばなかったので『前に飛ばさないと』と思いました。最後に飛んだのがホームランになりました」と語り、2年連続の球宴先頭打者弾は史上初の快挙となった。

 さらに、5番吉田正(オリックス)の中前適時打で2点目を奪ったあと、7番森が右翼ポール際へ3ランを放ち5-0。森は「松坂さんはオールスター前から対戦したいピッチャーだったので本当にうれしいです」と話した。

 その後5-5の同点に追い付かれたが、6回に代打・デスパイネ(ソフトバンク)、途中出場・山川(西武)が連続適時打を放ち7-5。投手陣では、3番手のボルシンガー(ロッテ)が2イニングを無安打無失点と好投した。

 全セは先発・松坂が初回に5点を失うも、2回に5番鈴木(広島)のソロ、7番宮崎(DeNA)の2ランで計3点。3回にも4番筒香(DeNA)が3年連続球宴弾となる2ランを放ち、5-5の同点に追いついた。

 しかし、4回以降は内野ゴロの間の1点のみで逆転ならず。同点の6回に2点を失った3番手・ガルシア(中日)が敗戦投手となった。第1戦のMVPは森で、敢闘賞には筒香、鈴木、デスパイネの3選手が選ばれた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西