ニュース

エンゼルスが延長戦を制す!大谷は代打で四球選ぶ

無断転載禁止
攻守に活躍を見せたカルフーン
● ドジャース 4 - 5 エンゼルス ○
<現地時間7月14日 ドジャー・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手は現地時間14日(日本時間15日)、敵地で行われたドジャース戦の8回に代打で登場。左腕のリッチ・ヒルから四球を選んだ。

 ドジャース主催のインター・リーグ(交流戦)ということで、指名打者制度なしで行われるこの試合。大谷は前日に続いてベンチからのスタートとなる。

 出番は終盤の8回。4-3とエンゼルスの1点リード、二死一塁という場面。マウンドには左腕のヒルが登っていたが、大谷の名前がコール。大きなブーイングに迎えられるも、冷静にボールを見極めてフルカウントから四球。チャンスを拡大したが、後続が倒れて追加点とはならなかった。

 すると9回裏、エンゼルスはイニングを跨いだブレーク・パーカーがヤスマニ・グランダルに適時二塁打を浴びて同点。残ったピンチはハンセル・ロブレスとホセ・アルバレスでなんとかしのいだが、逃げ切ることができなかった。

 それでも直後の10回表、エンゼルスはかんたんに二死に倒れるも、コール・カルフーンがライトへ値千金の一発。今季第9号のソロで1点を勝ち越すと、裏は続投したアルバレスがピンチを背負いながらもなんとか守り抜き、5-4で勝利。3連戦の対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西