ニュース

DeNA・ラミレス監督、移籍後初出場の伊藤をどう評価した?

無断転載禁止
DeNA・伊藤光(C)KYODO NEWS IMAGES
 トレードでオリックスからDeNAに加入した伊藤光が16日、さっそく同日に行われたヤクルト戦に『7番・捕手』で先発出場した。

 伊藤は2回の第1打席に移籍後初安打を放ち、幸先の良いスタートを切る。守っても9回に守護神・山崎康晃が5点を失ったが、先発・バリオスの負傷交代があった中、初めてバッテリーを組む武藤祐太、須田幸太、加賀繁、パットンといった救援陣を好リード。

 ラミレス監督は「彼にとって初戦ですけど非常に良かったと思います。配球も良かったですし、球種の使い方コンビネーションも良かった。それを続けてくれればと思います」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM