ニュース

女子プロ野球・夏の神宮決戦はルーズベルトゲームに!埼玉がサヨナラで愛知に勝利

無断転載禁止
サヨナラ勝利を収め歓喜する埼玉アストライアの選手たち [写真=別府勉]

白熱の打撃戦


 この時期の恒例となっている女子プロ野球の神宮決戦――。埼玉アストライア対愛知ディオーネの試合は、白熱の打撃戦となった。

 前半戦、試合を有利に進めたのは埼玉。初回、4番・川端友紀が二死二塁の好機で愛知の先発・里綾実からセンターへの適時打を放つ。ヤクルトの川端慎吾を兄に持ち、人気と実力を兼ね備えた川端の先制打で流れをつかむと、続く2回は二死二・三塁から1番・加藤優のレフト前への適時打で2点目。3回は2本の適時三塁打が飛び出して6点をリードした。

 ところが5回、ここから愛知の反撃が始まる。8番の只埜榛奈が、埼玉の先発・谷山莉奈からライト線への適時二塁打を放つと、1番・西山小春がレフト前への適時打で続く。さらに2番・三原遥、3番・厚ヶ瀬美姫と3連続適時打で1点差に迫った。

 そして6回、今度は二死一・二塁の場面で9番の三浦由美子のライト線への2点適時三塁打でついに愛知が逆転に成功する。


延長戦の末に決着…


 両チームの選手たちはともに、本塁へ生還してくる味方の走者をベンチから飛び出して迎える――。そんな女子プロ野球ならではの光景が何度も続いた。また、イニング間には、球団公認チアによるパフォーマンスが行われるなど、華々しい演出が繰り広げられた。

 6回の逆転劇でこのまま逃げ切るかと思われた愛知だったが、その裏、埼玉の3番・田口紗帆がレフトオーバーの適時二塁打で同点に追いつくと、試合は最終回の7回で決着がつかず、最大9回までの延長戦に突入する。

 そして迎えた9回。埼玉の攻撃は、6回に同点打を放った3番の田口が先頭打者として打席に。この日はレフト方向へ2安打を放っている田口が、今度は右中間への二塁打で好機を演出。続く川端は空振り三振に倒れたものの、5番に座った楢岡美和がライトオーバーの適時二塁打を放って、埼玉が劇的なサヨナラ勝利を収めた。

 「自分で決めてやる、という気持ちで打席に入った」という楢岡は、この日9回から4番手でマウンドに上がってプロ初勝利を挙げた山崎舞とともにお立ち台へ。山崎は「チームの勝利に貢献できて良かった」と語り、スタンドのファンから祝福の歓声を浴びた。

 両チーム計23安打の乱打戦は、8対7のルーズベルトゲームに。この日からセ・パ両リーグも後半戦がスタートしたが、男子にも負けずとも劣らない女子たちの熱い戦いは、神宮に集まったファンの胸も熱くさせた。


文=別府勉(べっぷ・つとむ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西