ニュース

メジャー球宴新記録の1試合10発! ア軍6連勝、MVPは決勝弾のブレグマン

無断転載禁止
延長10回に決勝ソロを放ったアストロズのブレグマン(右)
● ナ・リーグ 6 - 8 ア・リーグ ○
<現地時間7月17日 ナショナルズ・パーク>

 第89回MLBオールスターゲームが17日(日本時間18日)に行われ、ア・リーグが空中戦を制し球宴6連勝とした。両軍合わせ1試合10本塁打は球宴新記録。MVPには延長10回に決勝弾を放ったブレグマン(アストロズ)が選ばれた。

 ア・リーグ選抜は2回、6番ジャッジ(ヤンキース)の球宴初本塁打となるソロ弾で先制。3回にも3番トラウト(エンゼルス)が左越えソロを放ち2-0とした。

 その後2-2の同点に追い付かれたが、8回に一死一、二塁の好機を作り、代打のセグラが打席に入った。ブルワーズの左腕・ヘーダーの7球目を打ち損じ、打球は一塁ベンチ前への飛球となったが、これを一塁手のボット(レッズ)が落球。セグラは打ち直しとなった8球目を左翼席へ運び、一気に3点を勝ち越した。

 2点リードの9回裏、ア・リーグ選抜は8番手のディアス(マリナーズ)が痛恨の同点被弾。土壇場で試合を振り出しに戻されたが、延長10回、ブレグマン、スプリンガーのアストロズ勢が連続ソロを放ち再びリードを奪った。

 ナ・リーグ選抜も本塁打で応戦。コントレラス(カブス)のソロ、ストーリー(ロッキーズ)のソロ、イエリチ(ブルワーズ)のソロ、ジャネット(レッズ)の2ランで5-5の同点に追いついたが、10回表に登板したストリップリング(ドジャース)が一挙3失点。その裏、ボットのソロで1点を返したが、驚異的な粘りも勝利にはつながらなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西